・山留め 読み方(やまどめ)

山留めとは、地盤を掘削するとき、周辺地盤が崩れないよう設置する構造物。
おおむね1メートル以上深く掘ると、山留めが必要になります。
写真は山留め工事の「親杭横矢板工法」
H形鋼を一定間隔地中へ打ち込み、その間に横矢板(横向きの板)を挿し込んで造る山留め壁です。